トップへ戻る

リズム食べでの夕食メニュー

臓器のリズムに合わせて食べる「リズム食べ」でのおすすめ夕食メニューは、「野菜を中心に、魚などから良質の脂肪を取摂り、お肉は控えましょう。」です。

夕食の時間は、肝臓や膵臓の代謝機能が下がっています。なので肉類などの動物性脂肪は控えたほうがよさそうです。動物性脂肪は体内で完全燃焼できず、内臓に負担をかけてしまうからです。ただし、エキストラバージン・オリーブオイルや魚から良質の脂肪を摂ることは大丈夫なようです。また膵臓を刺激してしまう砂糖、炭水化物、アルコール、果物なども控えましょう。

夜は肝臓と膵臓の休息時間です。なので働いているのは胃と腎臓だけにしたいのです。胃は消化活動だけに働きます。腎臓は血液中の老廃物をろ過します。この血液中のそうじがしっかり行われると、朝の目覚めはすっきりです。そのためにも、肝臓や膵臓の代謝機能が下がる午後9時以降は食べないほうがよいですね。

「リズム食べ」を実践すると、消化活動がスムーズに行われますので、体調がよくなり気分も爽快です。

さらに効果的な食べ方は、たんぱく質を先に食べることです。糖分や炭水化物から先に食べると、血糖値を急激に上げてしまいます。最初にたんぱく質を食べることで、血糖値をゆるやかに上げることができます。

内臓に負担をかけない「リズム食べ」は、細胞を炎症から守り、免疫機能を高め、快適な腸内環境を整えます。きれいに元気に過ごせるように、「いつ、何を食べるのか」実践してみましょう。

必要な栄養を吸収し、不必要な物質は排出する、そんな整ったからだにするために、「すこやかBB腰痛整体」がおすすめです。お待ちしております。

LINE

ご予約・お問い合わせはこちら

その日の体調・症状・状態を、前回と比較し、細かくカウンセリングすることで、体にあった、オーダーメイド整体を行っております。

症状は、同じに見えても、原因は人それぞれ。

あなたの目的に合わせて、よくなるベストな方法を提供しております。

電話番号

メール

切通 陽子先生
千葉市の整体・口コミ 評判の美浜区腰痛骨盤矯正専門
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました