トップへ戻る

骨盤と便秘の関係

骨盤はからだの中で、開いてはしまるという動きをくり返しています。約1日で開いてしまる短いサイクルと、約1ヶ月かけてゆっくりと開いてまたしまるという長いサイクルがあります。

1日の骨盤の動きとしては、昼間、起きている間の骨盤はしまっているので動きやすい状態です。そして骨盤開くにしたがって眠くなり、睡眠中は開いた状態なので寝ていやすいです。再びしまってくると寝ていにくくなり、目が覚めます。

骨盤がしまると、骨盤内の容積が小さくなるのでうんちがあることに気づき、トイレに行きたくなります。骨盤が開く、しまるのメリハリがしっかりしていると、うんちも出しやすいのです。

1ヶ月の骨盤の動きとしては、生理が始まると同時に骨盤はしまっていき、排卵でピークに達します。この約2週間が高潮期で、骨盤の容積が小さくなるのでうんちを出しやすい時期です。排卵から生理開始にかけての約2週間で骨盤は開いていきます。この低潮期には、骨盤内の容積が大きくなるため便秘になりがちです。そして生理が始まると再び骨盤がしまり始めるので、、生理と同時に便秘も解消することが多いのです。

開いたりしまったりする骨盤の動きをつかさどっているのは、脳脊髄液です。脳脊髄液は、頭蓋骨から尾骨までつながる骨の中を流れている、いわばからだのバッテリー液のようなものです。脳脊髄液の濃度と圧力が高まると、からだじゅうにテンションがかかった状態になります。それに連動して頭蓋骨も肩甲骨も骨盤もすべてしまり、活発に動ける状態になります。活動してエネルギーを使いきってしまうと、脳脊髄液の濃度と圧力がさがってからだはゆるみ、骨盤も開いてきます。

骨盤が歪んでいると、骨盤の開閉の動きもスムーズにできなくなります。

「すこやかBB腰痛整体」では、骨盤矯正のコースもあります。また頭蓋骨コースもあり、脳脊髄液の循環を正常化していく効果もみられます。便秘、生理痛などでお困りのようでしたら、是非、施術を受けてみてはいかがでしょうか。

      LOVE&PEACE

      きりとおし ようこ

LINE

ご予約・お問い合わせはこちら

その日の体調・症状・状態を、前回と比較し、細かくカウンセリングすることで、体にあった、オーダーメイド整体を行っております。

症状は、同じに見えても、原因は人それぞれ。

あなたの目的に合わせて、よくなるベストな方法を提供しております。

電話番号

メール

切通 陽子先生
千葉市の整体・口コミ 評判の美浜区腰痛骨盤矯正専門
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました