トップへ戻る

産後の骨盤矯正術について

出産時に開いた骨盤が歪んだ形で固まってしまったことが原因で、太りやすくなってしまう女性が少なくない。
一昔前までは、お腹の胎児を大きく育てるために妊婦がしっかりと栄養を摂らなくてはならないと言われていたが、現在では妊娠期間中の食べ過ぎは避けるべきであると言われている。
なぜかというと、栄養の摂り過ぎによって妊娠中毒症になってしまうリスクが高くなるし、産道に脂肪がついて出産が重くなってしまう可能性が生じるからである。

妊娠期間中の食べ過ぎは避ける、栄養の摂り過ぎによる妊娠中毒症・産道に脂肪がついて出産が重くなってしまう可能性があるので避けたい。
したがって、妊娠中の体重管理はかなりしっかりと行われる。太り過ぎてしまうと担当の産婦人科医から厳しい指導を受けることになるので、妊娠期間中に太ってしまう人というのは案外少ない。

妊娠中に太ってしまうことは意外と少ないが、しかし、産後の授乳期間は太りやすい。
母乳を作る必要があるため、とにかくやたらとお腹が空いてしまう。食べずに我慢していると母乳が作られなくなってしまうので、授乳中の人は皆しっかりとたくさん食べる。
でも、授乳をやめれば食欲も収まってくるのが普通なので、そんなにひどく太ってしまうことはない。
とはいえ、中にはそれほどたくさん食べているわけではないのに、妊娠前とは別人のように太ってしまう人がいるのも事実である。
そのような場合には、骨盤の歪みを疑ってみるとよい。

骨盤が歪んでいると、骨盤内の血流やリンパの流れが滞るようになってしまうので、余分な水分や老廃物が下半身の細胞内に溜め込まれてしまうようになる。
また、脂肪の燃焼効率も悪くなるので、脂肪がつきやすくなってしまう。むくみと脂肪がダブルパンチで襲いかかってくるため、ビックリするほど太ってしまう人もいる。
なので、心当たりがある人は、産後の骨盤矯正を行っている整体院に相談してみるのが望ましい。

産後の骨盤矯正を行っている整体院は千葉県内にもたくさんある。骨盤の歪みが生じてから6ヶ月以上経過すると、歪んだ状態で骨盤が固まってきてしまうので、産後なるべく早い時期から骨盤矯正を受けるようにするのがよい。
もちろん、骨盤が固まってしまった状態でも骨盤矯正を受けることはできるが、治療期間が長めにかかってしまうようになる。

出産直後はまだ体の状態が不安定なので治療を受けるべきではないが、出産後1?6ヶ月の間に骨盤矯正を受け始めるようにすると、その治療効果が高くなると言われている。

リハビリ用品店やドラッグストアで売られている骨盤ベルトを購入して使用している人もいるが、骨盤ベルトには骨盤の歪みを矯正する効果はない。
あっても、歪みが原因で発生している腰痛の症状を緩和する効果ぐらいしか期待することができないので、歪んでしまっている骨盤をきちんと矯正したいのであれば、早めに整体院を受診するのがベストである。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました