トップへ戻る

千葉 市 整体 院 慢性的な肩こりや腰痛の解消法

長年肩こりや腰痛に悩まされているという方も多いいようです。肩こりも慢性化すると、頭痛・吐き気にまで、腰痛の場合は、足のシビレや坐骨神経痛になる事も多いのです。

身体の不調は、早めに対応する事が大事です。悪化してからでは、回復まで時間がかかるかもしれません。

腰痛・坐骨神経痛などの不調の一番の原因は、身体が歪んだまま生活している事です。本人には、歪んでいる自覚はありません。

ですから、多くの腰痛の場合はなかなか自分で解決というのも難しいことなのかもしれません。

当院は、腰痛専門ですが、病院で改善しない方が、他の整体院やサロンなどに来院される事が多くなりました。

千葉市にはそういった施術が受けられる整体院やサロンなども当院を含め駅から近いところに多くありますから千葉市近郊にお住まいの方は訪れやすいでしょうし、

整体院やサロンを選ぶときは、もちろん知り合いの口コミが一番でしょう。もちろん、ネット上の千葉市周辺エリアの整体院の口コミなどを参考にして決めるというのもありだと思います。

すこやかBB腰痛整体は、千葉市美浜区ですが、意外と東京や神奈川・埼玉からの来院も
結構あります。なるべく、近くで知り合いのいい先生がいればご紹介するようにしています。

慢性の肩こり・腰痛は、姿勢の改善が必須です。
長い間、悪い姿勢を続けていると 悪い姿勢が標準になってしまいます。
この、脳の勘違いを正していく必要があります。

いい姿勢を繰り返し、させることでいい姿勢が定着します。そうすると、自然と 肩こり・腰痛が改善していきます。

当院は、重心調整テクニックがあります。
右重心のかたは、右で足を組みます。 左重心の方は、その逆です。

施術後、重心を少しだけ逆転させて、お返します。そうすると、来るときは、右で足を組んでいたのにお会計のときには、自然に左で足を組んだりします。

自然にやってしまう、だから、無意識です。無意識なので、無意識を改善するには、かなり意識し続けないと、改善しにくいのです。

自分の姿は、見えません。なかなか、自分だけで、改善するのは、困難だと思います。基本は、専門家にチェックしてもらうのがベストです。

それでも、自分で・・・・・っと考えている方にアドバイスですが、私が、考えられるベストな方法としては、鏡でセルフチェクする方法が一番 だと思います。

具体的には、
大きな鏡を仕事中の自分が映るように置いて、自分の普段している姿が見えるようにする
・・・とか
机の上に鏡を置いて、首の曲がりなど チェックできるようにするなどです。

セルフチェクをしながら、徐々に姿勢を改善していく方法です。

整体をしていて、アドバイスだけで姿勢がよくなるケースは 私の経験ではほとんどありませんでした。
そこで、当院では、患者ケアーとして リセットテープを使用しています。これは、”患者様が自分で重心を簡単に調整できるものです。誰でも貼るだけですので簡単にできます。”毎日貼ることで、急性の腰痛なら、1週間 再発防止の場合は、3週間毎日貼ると、”慢性の肩こり”や”慢性の腰痛”にとても効果がありました。

マッサージを受けただけでは、肩こりも・腰痛も 再発します。いい姿勢を脳におぼえさせるまで、ケアーすることが本当の改善といえるでしょう。

当院が、千葉市周辺エリアには口コミ評判の高い整体院なのは、施術だけでなく自宅でのケアーにも注目しているからだと思っています。

いい整体院・カイロプラクティック院・整骨院・病院・・・の条件とは、

1.肩こり・腰痛に関して詳しい事( 原因は、生活習慣である )
2.自宅でのケアー方法を指導してくれるところ( 症状・年齢・職業・・・性別・・やり方を変える)
3.施術後と・来院ごとに評価基準が明確なところ
4.自宅でのケアーの評価もしてくれ、それを元にアドバイスを的確にしてくれるところ
(※本人にできないことを指導しても意味がない、本人ができることを指導する・それができたか効果があったか再評価までしてくれるところ)

口コミ数が非常に多くプロ野球選手や格闘家などスポーツ選手が多く通うと評判のところは、本当に通っているのかまで、チェックができない。広告用に出している事がほとんどで、あてにはできない。

慢性的な肩こり・腰痛の原因は、生活習慣である。(解消法)
(日頃の、生活に原因があり、それを見つけ対応する事ができなければ、再発し続ける。自分で自分は、見えない第三者の客観的なアドバイスは、とても重要)
1.日頃から、鏡などでチェクして自分の状態を把握しておく事
2.アドバイスもしてくれて、それを評価しれくれる アフターフォローできる 整体院も有効
3.専門家のアドバイスを受けて、それに基づいて 筋トレ・姿勢を修正するプログラムを実行する

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました