トップへ戻る

千葉 市 整体 院 坐骨神経痛は一見立位のスポーツサッカーと無縁そうですが罹患しやすい

坐骨神経痛と聞かれると事務系職種や作家や漫画家の様な長時間椅子に座って同じ姿勢で労働するようなイメージを持たれる方が多い腰痛等の症状を生じる病気でありますが先に挙げた座位に限らず立位で行うスポーツのサッカー選手においても罹患する選手の多いことで知られる病気です。
その原因は腿やふくらはぎの筋肉に過負荷を強いることが主なものとされサッカーの試合を観戦しますとドリブルからインサイド及びアウトサイドへの切替をしつつダッシュとストップを繰り返しながらターンといった特に太ももの筋肉を酷使する運動をくりかえしながら試合が進行することが解かります。この下半身の筋肉の酷使が坐骨神経痛及び腰痛の原因へとつながるものとなっています。
陸上競技の短距離走ランナーならば同様の動きを行った後はクールダウンやストレッチを競技後直ちに行いますが、サッカーでは攻撃陣が反転して敵チーム側から見れば守備の役割を担うためクールダウンがしにくくなっており、それに仮に動きを止めるとそこが敵側の攻め入る隙となるため場合によっては大きな痛手となって敗退につながる事もあるといったサッカーという球技ゆえの特性上ハーフタイムまでそのまま運動し続けることがサッカー選手での坐骨神経痛へと原因になっています。
これを防ぐにはハーフタイム等におけるストレッチや十分なクールダウンが不可欠であるのと共に整体等で万全のコンディションを整えることが大切です。
千葉市でサッカーに限らず腰痛や坐骨神経痛といった症状を持ちの方におきましては千葉市の整体院の受診をお勧めします。またフォワードやバックといった攻撃陣や守備陣のみならず。ゴールキーパーにおきましても試合中に常にゴール内を動き回り鉄壁の守備を行う事が不可欠ですので先に紹介した様な動きにジャンプやスライディングといったような動きを加えて下半身に過大な負担をかけることを余儀なくされるものです。
実際に諸外国の選手国なのプロ選手におきましても腰痛及び坐骨神経痛に悩まされるプレイヤーは少なくありません。またキーパーである以上鉄壁の守備が絶対条件ですので、いつでも攻めてくるボールをキャッチっ出来る様コンディショニングは大切なものです。腰痛等の異変に気づいたら早めに受診する事はトレーニング同様に大切な事です。
F1のマシンにマシン整備があるようにサッカー選手にも整体があってしかるべきです。腰痛や坐骨神経痛の受診及び整体は千葉市の整体院をご検討ください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました