トップへ戻る

「腰痛は骨盤の歪みが原因であるが、他の病気が原因の場合もあるので検査が必要である」

腰痛というのは誰でも経験するものであるが、放置しておくと慢性的な症状になりやすく、別の病気の原因ともなることがあるので注意が必要である。腰痛になったらまず原因を特定することが大事で、病院の整形外科などでの診察が必要になる。また原因がはっきりしていれば近くの整体院へ通院して、完治を目指すことが大事でもある。
東京をはじめとして周辺の埼玉や千葉には優秀な整体院が数多くあり、日常的に通院できる治療院を決めておくと便利である。整体院の選び方で重要なのは、初めてで不安がある場合は事前にホームページで確認するか、電話をして確認することが必要になる。

腰痛が慢性化すると完治させるのはとても時間がかかる。そのためにも初期の段階で早めに治療にかかることが大切で、いくつもの整体院を転々とするよりは1つの整体院に決めて治療を受けた方が効果的である。また肩こりなどが全身に悪影響をもたらす場合もあるので、自己判断せずに専門の治療院で診てもらった方が結果的には良くなる場合が多い。

腰痛と骨盤は密接な関係があり、骨盤が歪んでいると腰痛を発症するケースがある。病院の整形外科などでレントゲンを取っても異常なしと出る場合でも、整体院でプロが診察すると骨盤の歪みが発見できるケースも多いので、腰痛がなかなか改善されない場合は遠くても腕のいい整体院で診てもらう必要もある。

プロの施術にかかれば、腰の左右の筋肉バランスを整えることで、マッサージなどしなくても、筋肉がほぐれていく。しかも筋肉の左右の硬さを取り除き、骨盤の矯正をすることによって腰の痛みなどを解消できるのである。

また腰痛だけでなく、膝痛や肩こりや座骨神経痛などのしつこい痛みも取れていくのである。
人の身体というのは200本以上の骨によって形作られているため、それらの1つでも障害を起こすと様々な痛みが生じるのである。腰痛の場合も、骨盤の歪みだけでなく様々な病気の症状の一部として表れる場合がある。

例えば腰の痛みを放置すると、そのバランスを整えるために、他に肩こりや発汗や動悸やめまいがする場合もあるし、更年期障害が原因となっている場合がある。

時には、病院で精密検査が必要な場合がある。それは、出血である。不正出血や血尿や下腹部の痛みなどを伴っていると、子宮頚癌が原因の場合もある。腰の痛みと同時に腹痛が起こる場合には、腹部大動脈瘤になっているケースもあるのである。

腰痛 + の場合は、要注意!!

このように腰だけでなくそれに付随する痛みが発症する時には、病院で精密検査を受けてみることも大事である。そのためには普段から自分の体調を整え、体調不良などの時は早めに対処することである。

東京をはじめその周辺の千葉や埼玉には、専門の病院や治療院があるので、早めに診察や検査を受けることが必要である。

し、腰痛以外に痛みが 分散される場合は、先に整体でなく、病院で検査を受けてください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました