トップへ戻る

千葉 五十肩治療、寝方・暖めるの冷やすの?どっち:千葉市すこやかBB腰痛整体

【概要】五十肩の原因は、運動不足、加齢や肩の血行が悪くなったりしたときにおこります。

五十肩ということは、当然、血行がよくありません。当院の施術は揉みほぐして、血行を良くするのではなく、関節、体全体のバランスをとることによって、肩の負担をとります。

あと、もし肩が痛いなら患側を下にして寝たり、仰向けで寝ないで、ちょっとだけ斜めにして寝るようにしてください。

動画解説

運動不足、加齢、肩の血行不良→五十肩

関節、体全体のバランスを取る→肩の負担が取れ、血行が良くなる

寝方に注意→悪化させない

肩を動かすと痛い→肩を冷やした方が良い

肩を動かさなくても痛い→肩を温めた方が良い

こんにちは。千葉県千葉市の骨盤矯正、腰痛専門の、すこやかBB腰痛整体の瑞稀です。今日は、五十肩についてご説明いたします。
五十肩の原因としては、運動不足であったり年齢、加齢ということがよく言われていますが、やはり、肩の血行が悪くなったということですね。もしあなたが五十肩で、肩が上がらなくて痛みがあるということであれば、2週間以内にBB整体に来られることをおすすめします。もし2週間過ぎても構わないのですが、痛めて2週間以内っていうのは、肩が癒着をしていないので、結構治りが早いことがほとんどです。
当院の施術っていうのは、当然血行が悪くなっているわけですから、揉みほぐすのではなくて、重心のバランスを調整します。関節、体全体のバランスを取ることによって、肩の負担を取ります。それから、日常生活でも、しっかり再発しないような指導を行ってますので、それをぜひ守っていただければ、早く治る可能性が非常に高いです。
あと、追加のアドバイスですけど、医療用語で痛い側の方を、患側(かんそく)と言うんですが、観測を下にして寝たりしないほうがいいですね。
真横に寝ると、どうしても肩に体重がかかって、やっぱり肩が悪くなります。腰痛の方もそうですが、仰向けもきついですね。ですから、ちょっとだけ、斜めがいいです。片側にタオルを入れて、ちょっと片方を高くしてあげる。そうして、寝ると比較的肩が楽です。ぜひ、当院に来る前に、そういうふうにして悪化させないようにしてください。
それから、冷やさないことも大事です。もしあなたが、動かすと痛い、だけど、じっとしてると痛くない。こういう症状では温めていいです。もし、あなたが、何もしなくて、じっとしてても痛いっていう場合には、これは温めないほうがいいです。ただ、もしあなたが、じっとしてたら痛くないのならば、温めてください。しっかり温めて、早く治しましょう。五十肩の方、お電話お待ちしてます。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました