トップへ戻る

映画「るろうに剣心 京都大火編」

皆様、おはようございます。

「すこやかBB腰痛整体」整体師の切通(きりとおし)です。整体師としながら、いつも関係ない話題ばかりで失礼してます。

今回は映画「るろうに剣心 京都大火編」を観ましたよ(笑)という話題です。

2012年に公開された映画「るろうに剣心」ももちろん観ています。ちゃ?んと映画館で観ましたよ。原作は読んでいないのです。こんな私は剣心のお顔にフォーカスして観ています。美しいですね・・・。前作では、今のお顔を一時停止して観たい!というシーンがたくさんありました。が、今作は、おもわずソードアクションに目を奪われている私がいました。距離感やスピード感が素晴しかったように思います。

主演の佐藤健さんは、撮影前に2ヵ月くらい苦手な部分を重点的に練習したそうです。殺陣シーンにも磨きがかかっています。剣心の逆刃刀は切れない刀だから、殺陣では実際に相手の身体に当てることができて、それがシーンのリアティーに繋がっているそうです。

それってかなり痛いのではないでしょうか?

佐藤健さんがインタビューで語っています。

「前作よりも剣心の人間的な強さを表現できました。剣心は敵でさえ救いたいと思う人なんです。今回の敵は全員過去にすごい傷を負っていて、剣心も同じだから、どこかで彼らのことを理解しながら戦っている。戦いが終わった後、剣心が放つ言葉から、彼の優しさや器の大きさが伝わると思います。」

これでは「伝説の最後編」を観ないわけにはいきません。

011.JPG

映画を観て当てよう!!  応募しよう!

戦わない世界に、平和な世界になりますように。

        LOVE&PEACE

        きりとおし ようこ

LINE

ご予約・お問い合わせはこちら

その日の体調・症状・状態を、前回と比較し、細かくカウンセリングすることで、体にあった、オーダーメイド整体を行っております。

症状は、同じに見えても、原因は人それぞれ。

あなたの目的に合わせて、よくなるベストな方法を提供しております。

電話番号

メール

切通 陽子先生
千葉市の整体・口コミ 評判の美浜区腰痛骨盤矯正専門
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました