トップへ戻る

産後の生活を快適に送る方法

 出産後に様々な体の不調に襲われてしまう女性が非常に多い。
可愛いらしい赤ちゃんが誕生して幸せいっぱいであるはずの時期に体調不良を抱えていると、産後うつを発症してしまう可能性がある。マタニティ期間中の女性の体内ではホルモンバランスの激しい変化が起こる。
それが原因でマタニティブルーに陥ってしまう女性が少なからず存在しているが、出産直後に起こるホルモンバランスの変化もかなり激しいものである。簡単に言ってしまうと、体を妊娠前の状態に戻すために女性ホルモンの分泌量が変化するわけだが、ホルモンバランスの乱れが原因でうつ状態になってしまう女性が少なくない。
そこに体調不良症状まで加わってしまえば、まさにいつうつ状態になってもおかしくはないということになる。

 具体的に発生する可能性のある症状を述べると、股関節や恥骨の痛み、腰痛、ひどい生理痛、手足の冷え、尿漏れ、便秘、むくみ、肥満などである。
これ以外にも様々な症状が考えられるが、出産時に開いた骨盤が歪んだままの状態で固定されてしまったために起こる可能性が高い。
時折、自分は自然分娩ではなく帝王切開だったのだから、骨盤の歪みが生じるはずがないと言う人がいるが、帝王切開したケースでも骨盤が歪んでしまう可能性はある。なぜかというと、骨盤が開くのは出産時だけではないからである。
新しい生命が誕生した瞬間から、女性の体内ではホルモンバランスの変化が起きる。時間をかけて少しづつ、骨盤を締め付けている靭帯をゆるめる作業が開始されることになるのである。もちろん一番急激な骨盤の開きが発生するのは出産時であるが、それ以前から骨盤は出産の準備を始めているのである。

 産後に様々な体調不良が起こってしまい、家事や育児に元気に取り組むことができなくて困っているという人は、骨盤の歪みを疑ってみるとよい。
千葉県内には、産後の骨盤矯正を専門に取り扱っている整体院がある。そのような整体院には、姿勢測定システムが用意されているケースが多いので、自分の目で骨盤の歪みを確認することができる。施術前と施術後の違いを目ではっきり確認することができるので、治療効果を実感しやすくなるというメリットがある。

 初めて出産をしたという人の場合、慣れない赤ちゃんの世話で精神的に追い詰められてしまう可能性が高い。そこに体調不良が加われば、精神的な負担がかなり大きくなってしまう。周囲の人に相談しても、産後でナーバスになりすぎているだけだと言われてしまうケースが多いので、余計問題が深刻化してしまう懸念がある。

自分の健康を本当の意味で守ることができるのは自分自身しかいないのだから、産後の体調不良で悩んでいる場合には、なるべく早く骨盤矯正を行っている整体院を受診してみるのが望ましい。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました