トップへ戻る

出産と骨盤の開きについて

出産時には、大きな胎児が産道を通って体外に娩出されることになる。出産経験がない女性の場合だと、あのように大きな胎児の頭がどうやって産道を降りて外に出てこられるのか、不思議でたまらなく感じられるはずである。
中には、自分の体が壊されてしまうのではないかという不安を抱く妊婦もいるが、人間の体の仕組みはとてもうまい具合にできているので、何も心配する必要はない。

まず、胎児の頭蓋骨はとてもグニャグニャした状態になっているので、産道を通る際には縦長の細い形になる。誕生後に頭蓋骨が成長し、縫い目状になっている部分同士がしっかりと噛み合わさって、硬い頭蓋骨が出来上がる仕組みになっている。
また、妊婦自身の骨盤も胎児の降下に合わせて開く仕組みになっているので、多少大きく育ち過ぎた胎児でも、自然分娩することが可能である。

出産の際に開いてしまった骨盤は、出産後しばらく経つと元の状態に戻る仕組みになっているので、何も心配はない。
しかし、もともと骨盤底筋の筋力が弱い人の場合は、その筋肉がゆるんでしまい、いつまで経っても骨盤が開きっぱなしの状態になってしまう可能性がある。

骨盤が開きっぱなしになっていると、産後太りが起こりやすくなってしまう。出産をきっかけにして太ってしまう女性が非常に多いのは、妊娠期間中に身に付いた大食いの習慣が取れなくなってしまったという理由よりも、骨盤が開きっぱなしになっている理由の方が大きいと考えられている。
なので、出産後に太りやすくなったとか、便秘になりやすくなったなどという心当たりがある人は、なるべく早いうちに整体院へ行って、骨盤矯正の施術を受けるようにするのが望ましい。

多少太ってしまっても大して気にならないので、わざわざ骨盤矯正を受ける必要はないと考える女性も存在している。しかし、むくみや下半身太りが起こりやすくなるだけではなく、骨盤の開きが原因で重い月経痛や腰痛が起こったり、二人目不妊の症状が起こったりする可能性がある。
なので、たかが骨盤の開きだなどと軽視するのではなく、早めに適切な治療を受けるようにするのが賢明である。

千葉県内には、産後の骨盤矯正で有名になっている整体院がたくさんある。患者の中には、赤ちゃんを預けられるあてがないので、整体院に行くことができないという人が少なくないが、赤ちゃん連れでも施術を受けられるようになっている整体院もある。
ただし、全ての整体院が赤ちゃん連れオーケーとなっているわけではないので、事前に確認してみる必要がある。

重い腰痛や月経痛を抱えていると育児にも支障が出るので、気になる症状がある場合には、早めに整体院を受診して骨盤矯正を受けるようにするとよい。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました