トップへ戻る

輝く!!日本レコード大賞 (すこやかBB腰痛整体)

年の瀬が近づいて来ると特番の番組編成になります。

秋から続いていたドラマも最終回を向かえます。

NHKの紅白歌合戦と並んで、日本有線大賞や日本レコード大賞ばど、

この一年間に活躍したアーティストが選ばれる集大成でもあります。

日本レコード大賞は1959年にスタートしました。

初代大賞は水原弘さん「黒い花びら」でした。

当時会場にはお客さんがほとんどいなく、とても寂しい受賞式になったそうです。

?

レコード大賞にはいろいろな種類の賞があります。

「日本レコード大賞」

 その年に発売されたすべての邦楽シングルが対象になり、

作曲・編曲・作詞を通じて芸術性、独創性、企画性が顕著な作品。

優れた歌唱によって活かされた作品。

大衆の支持を得た上、その年を強く反映したと認められた作品。

?

「最優秀新人賞」

新人賞の中から最も優秀と認められた歌手。

その他には

☆「新人賞」

☆「優秀作品賞」

☆「最優秀歌唱賞」

☆「優秀作品賞」

☆「作曲賞」「編集賞」「作詞賞」

☆「企画賞」

☆「功労賞」

☆「特別賞」

☆「特別功労賞」

☆「日本作曲家協会奨励賞」

☆「優秀アルバム賞」

☆「最優秀アルバム賞」

まさしく年末にふさわしい賞レースの祭典です。

幼少の頃から毎年見ていたレコ大ですが、

最も印象に残っているシーンは、

やはり沢田研二の「勝手にしやがれ」が大賞を取った時の場面です。

ジュリーが受賞したあのシーンはよく流れてます。

そしてその後、聖子VS明菜。

中森明菜は2度ほど大賞をとっていますが、

聖子ちゃんは一度も大賞を取ってないんですよねー。

今年2014年の栄冠を手に掴むのは、

どんなアーティストか・・・・楽しみです!!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました