トップへ戻る

ミラクルムーン

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             
こんにちは。

本日は171年ぶりに「後の十三夜」が観られるそうです。人生に一度、見られるか見られないかくらいの珍しい月なので、ミラクルムーンと言われています。

お月見というと、「中秋の名月(十五夜)」と「十三夜」がありますね。今年2014年は9月8日が中秋の名月、10月6日が十三夜でした。
例年だとこの2回で終わりですが、今年はもう一度あります。それが本日なのです。

そもそも十三夜は旧暦の9月13日に見られる月のことです。今年は10月6日でした。
旧暦は現在の暦より日数が少ないため、今の暦に合わせる際に、3年に一度「閏月(うるうづき)」を入れて調整します。今年は171年ぶりに9月の後に “閏9月” が挿入されるため「十三夜」が2回出現します。それによって今年は、十三夜も2回になったのです。
閏9月13日に見られる2度目の十三夜を「後の十三夜」とよびます。その、「後の十三夜」が本日11月5日なのです!

後の十三夜月が見られるのは大変珍しいことらしく、前回の後の十三夜があったのは1843年(天保14年)、なんと171年前なのだそうです!
まさに見られることが奇跡!ミラクルムーンですね。
これは見逃せません!

東京の本日の月の出は「15時40分」、月の入りは翌日の「3時53分」です。
しかし、あいにく千葉は現在曇り空・・・ミラクルムーンの力で奇跡が起きて晴れたらいいな・・・

今年の秋はスーパームーンもありましたし、皆既月食も観られ、さらにミラクルムーンと、天体観測が楽しめる秋ですね!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました