トップへ戻る

大正ロマン「はいからさんが通る」編1

15年という短い時代の大正時代。

新しい思想や芸術・文化が多く生まれた時代でした。

軍国主義の明治時代を終え、大正になり、激動の昭和へと時代が移り変わる時代でした。

大正時代の背景を描かれた少女マンガ「はいからさんが通る」はご存知でしょうか?

テレビでも放映され、大ヒットしたマンガです。

「はいから」と聞くといかにも大正時代ぽい言葉です。

本当は「ハイカラ」とカタカナで表記する様ですね。

「はいからさんが通る」は大和和紀先生の作品で、19757号から197710号まで週刊少女フレンドで連載されていました。

テレビアニメでは、197863日から1979331日まで放送されていました。

映画では1987年、南野陽子さんが主演で公開されました。

【登場人物】

☆花村紅緒(はなむら べにお)主人公。

生まれながらにしてじゃじゃ馬娘、特技は剣道。

自他ともに認める酒乱娘。

好きな食べ物は「つくね」。

際立つほど美人ではないが、英語は得意とする。

母親が早くに他界しており、男手ひとつで育てられた。

☆伊集院忍(いじゅういん しのぶ)

紅緒の許嫁。陸軍歩兵少尉。

父親は伊集院伯爵の息子、母親はエリナのハーフであり、

両親の結婚は許されず、母親はロシア貴族に嫁ぎ、父親は外国で他界し、

祖父母に育てられる。

☆藤枝蘭丸(ふじえだ らんまる)

紅緒より1歳下の幼馴染。

歌舞伎の女形役者の美少年。

小さい頃から紅緒に片思いをしている。

☆北小路環(きたこうじ たまき)

紅緒の親友。

華族出身で忍とは幼馴染。成績優秀で美人。

続く。。。。。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました