トップへ戻る

腰痛について

腰が痛い腰が痛いと言うけれど本当に腰は凝っているのだろうか。
そもそもなぜ腰が春のか。胡氏が春原因はいくつかある。ただ、いつも同じところが痛くなる人は同じ姿勢で生活をしている可能性が大きい。同じ姿勢で生活しているから痛む部分も同じになる。
例えば右手を使う人は、当然物を拾う時に少し右に傾くすると反対側の筋肉が支えることになるので左腰の負担は増える。これを繰り返せば、左腰に慢性腰痛が起こることになる。
この場合、左手を使うことも必要になります。物を持つときに右に傾かないまっすぐにしゃがむ。まっすぐにしゃがむために下半身の筋トレをする。荷物を右肩で持ち左手を使いやすくしておく。拾わない。テレビを自分の左に置き、右に傾かないようにする。ソファーの左端に座る。足を左足で組む。左足のアキレス腱をやわらかくする

これらはすべて正解

ただ単に痛みが 今だけ 消失すればいいのか?
再発まで防止したいのか?
もっと元気にさらに動けるようになりたいのか?

治す目的によって、施術方法も異なる。

腰痛を含むすべての不調の原因は、患者さん自身の生活習慣にある。

腰痛は結果であって、原因ではない。湿布を貼っても、次の腰痛は防げない。

痛みを我慢しても、姿勢がさらに、痛みを避けるために姿勢が悪くなるだけだ。

腰痛のメカニズム
1.姿勢が悪い→筋肉に負担がかかる→疲労が蓄積→腰痛
2.運動不足→体を支えられない→体がゆがむ→疲労の蓄積→腰痛
3.体がゆがむ→睡眠時に疲労が蓄積→朝起きて腰痛
4.体がゆがむ→過度の運動→筋肉のアンバランス→腰痛
5.足首が硬い→衝撃が腰へ→腰痛
5.股関節が硬い→座り仕事が多い→背中が丸くなる→腰に負担になる→腰痛
6.睡眠不足→疲労が抜けない→腰痛
7.食事のバランスが悪い→体を維持できない→腰痛
8.痛みを我慢→体硬くなる→筋が伸びない→姿勢が治らない→固まる→腰痛
9.痛みを我慢→炎症→痛みを我慢→ひどい炎症→痛みを我慢→慢性の炎症→腰痛

1?9までが主な原因です

原因が一つの場合もあるし、複数の場合もある。自分の腰痛がどれに属しているかを知ることが大事。それに基づいて、施術計画を作り、正しい施術を最適な施術間隔で改善します。

ただし、治すのは、自分自身です。自分の生活を変えないで、腰痛を治すことは絶対にできないだろう。

LINE

ご予約・お問い合わせはこちら

その日の体調・症状・状態を、前回と比較し、細かくカウンセリングすることで、体にあった、オーダーメイド整体を行っております。

症状は、同じに見えても、原因は人それぞれ。

あなたの目的に合わせて、よくなるベストな方法を提供しております。

電話番号

メール

腰痛 坐骨神経痛菊地 イワオ
千葉市の整体・口コミ 評判の美浜区腰痛骨盤矯正専門
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました