トップへ戻る

千葉 市 整体 院 坐骨神経痛が原因で腰痛などでお悩みの人は、自己流のストレッチや筋肉トレーニングは益々症状が悪化するので早めに千葉市内の通いやすい専門の整体や病院を探しましょう

中高年に多いとされる脊柱管狭窄症による坐骨神経痛は病名ではなくて病状です。関節や骨、筋肉が関係していて痛みが坐骨神経の走行部に起きます。脊柱管とは、背骨のなかにある筋肉の通り道です。
体の各部分に痛みが走り、お尻の片側だけや太ももの側面や内側、ふくらはぎの痛み、下肢部分のしびれや、歩行が辛くなる等もあります。痛みが連続して起きやすいのが特徴です。例えば、お尻の筋肉が硬くなると、脚にも坐骨神経痛の症状が出てくる事がありますが、こういった痛みが追って複数に表れる症状について、関連痛と呼ばれます。
関連痛は、痛みのある部位ではなく、離れた部位に痛みやしびれの原因がある際の痛みを関連痛と言われています。
腰痛のなかでは、皮膚に近い部分に痛みが走ると感じて、坐骨神経が悪いというより、原因は違うところにあるとされています。坐骨神経痛は、主に2種類に分けられますが、根性神経痛は神経痛の事ですが、症候性神経痛は、原因が未だ解明されていません。よくお尻の筋肉が非常に硬くなっている事が多いと言われています。原因がはっきりしないので予防が大事です。整体では、お尻の筋肉を細かく調べて、
坐骨神経痛の症状が出ている筋肉を特定して、その筋に対して、手を使って刺激を与えてやり、硬くなった筋肉を徐々に柔らかくしていきます。部位に血流を送り込み、ストレッチなどでほぐしていきます。
坐骨神経痛が解消できた後も、腰に大きな負担をかけないように、重さのある荷物などを運んだり、持ち上げたり、中腰の姿勢で行う作業の際は十分に注意を払う必要があります。日常の動作や生活習慣が坐骨神経痛を引き起こす原因となりやすいので普段から気をつけるようにしましょう。
坐骨神経痛の主な原因は筋肉というケースは多いのですが、ほかの原因と複合している事が圧倒的なのでひとつひとつ原因を取り除いていく必要があります。椎間板ヘルニアの要因であると整体院に10回以上の通院が望ましいと言えます。ただ、筋肉についての症状を解消しなくては、椎間板ヘルニアの回復が更に遅れてしまいます。内蔵に問題が見られる時は、病院での治療と併用して治療を続ける事で、それぞれの部位の回復が早くなる可能性があります。強い整体の手法や自己流の筋肉トレーニングなどは、身体に余計なダメージを与えやすいの避けた方がいいです。
カイロプラティックなどのソフトな施術が適していると言われます。千葉市内で、坐骨神経痛の施術を得意としているところが安心です。ウェブサイトなどで検索してみる自宅や職場から通いやすい千葉市内の整体や病院が見つかると思うので症状に合わせて探してみる事をおすすめします。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました