トップへ戻る

「アルプスの少女ハイジ」ストーリー編☆その5

今日もまたすこやかBB腰痛整体がある千葉市美浜区は朝から雨模様です。

しかしあまり寒くなく、なんとなく生暖かく、変な空模様です。

そろそろ「アルプスの少女ハイジ」ストーリー編も中盤になって来ました。

【ストーリー】

クララのおばあさまの提案でお屋敷でパーティーをすることになりました。

クララは花嫁さんのような綺麗なドレスを着ました。

楽しく盛り上がるパーティーの途中でおばあさまはみんなに内緒でお屋敷を去ります。

それに気付いたハイジは泣きながらおばあさまが乗る馬車を追いかけます。

ハイジの姿に気付いたおばあさまは大きくハイジに手を振り、

またの再会を誓いました。

おばあさまがお屋敷を去り、ハイジはすっかり元気をなくしてしまいました。

クララはハイジが山に帰ってしまうのでは・・・ととても心配しました。

ロッテンマイヤーさんはハイジに二度と山の事を話したり、思い出したりすることを禁止にしました。

お屋敷では「白い影をみた」と幽霊騒動が起きました。

しかしその白い影はハイジの姿でした。

ハイジは夜な夜なアルムの山の夢を見て、自分でも気が付かないうちにお屋敷の中を歩いていたのです。

心の病気だと診断されたハイジは山に帰ることになりました。

ハイジはお土産に白パンや煙草にしました。

アルムの山に到着したハイジは最初にペーターの家に行きました。

そしてペーターのおばあさんに柔らかい白パンをあげました。

そしてハイジはおじいさんのいる山小屋まで走りました。

おじいさんはハイジを強く抱きしめました。

おじいさんもハイジがいない日々をとても寂しく思いながら過ごしていました。

続く。。。。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました