トップへ戻る

バレンタインデーの起源は・・・ (千葉市 整体院)

バレンタインデーが近づいているので、街はバレンタイン一色ですね!
チョコレートの特設売り場も出ているので、ふらっと立ち寄ってしまう毎日です。

今でこそ、バレンタインデーは恋人たちの日として広まっていますが、もともとは2月13、14、15日にローマで豊穣を祈って行われていた「ルペルカリア祭」の日だったそうで、恋人や愛とは関係はありませんでした。
諸説あるようですが、「バレンタイン」という言葉は、のちの269年にローマ皇帝の迫害によって殉教した 聖ウァレンティヌスに由来しているそうです。そして彼も恋愛とはあまり関係のない聖人だったそうですが、15世紀頃より恋愛の聖人のように語られるようになり、バレンタインデーも恋人たちの記念日となったようです。

近年は自分用に高級チョコを買う女性が多くなっているそうですね。「自分チョコ」と言ったりするようです。昨日はテレビ番組で高級チョコレートの特集をしていたのでつい見てしまいましたが、1箱何千円もするチョコがたくさん紹介されていました。やはり高級なだけあって、味にこだわり、見た目も美しく、パッケージにもこだわりがあり、「自分へのご褒美」として買いたくなる気持ちがわかりました。バレンタイン限定品も出ますから、贈るよりも「私が食べたい!!」となってしまいますよねー。

今年は自分チョコしようかなー、とお店を見ていたら、あれもこれもと大量に買ってしまいそうになるので、ほどほどに気を付けようと思います!(>_<)

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました