トップへ戻る

骨盤治療を受ける際の注意点について

出産をきっかけにして重い腰痛持ちになってしまう女性がとても多い。
新しい生命を生み出すという大仕事をこなしたわけだから、体がダメージを受けるのはある意味で当然である。

しかし、腰は体全体を支える要とも言える重要なパーツである。この部分に痛みがあると、日常生活を送る上でかなり大きな支障が出る可能性がある。
特に、出産後の女性には、通常の家事に加えて育児という仕事もこなす必要が生じるので、腰痛を軽視することはできない。重い腰痛を放置しておくと、その症状が慢性化して、一生腰痛に苦しむハメになってしまうおそれがある。

なので、日常生活に支障が出てしまうような腰痛が起こっている場合は、早期に適切な治療を受けるようにすることが必要である。
出産後に腰痛が起こっている場合は、骨盤の開きや歪みが原因となっているケースが多い。
出産の際には、骨盤にとても大きな負荷がかかる。胎児の大きな頭を娩出させる必要性から、骨盤底筋がゆるめられ、骨盤が大きく開かれる。
一時的に骨盤が開いてしまったとしても、産褥期に徐々に元の状態に戻っていく仕組みになっているから、通常は何も心配する必要がない。
ただし、もともと骨盤底筋があまり発達していなかったような人の場合には、骨盤が開きっぱなしになってしまう可能性がある。また、骨盤が歪んでしまったり、悪くすると骨折してしまうようなことすらある。

骨盤に開きや歪みが生じていると、体全体の重みをバランスよく分散させて受け止めることができなくなってしまう。
どこか一部に過重な負担が生じてしまうことになるため、重い腰痛が起こりやすくなってしまうのである。
その状態を長く続けていると、骨盤内の血行が悪くなって、新陳代謝機能が衰えてしまう。その結果、体の他の部分の不調も起こりやすくなってしまうので、なるべく早く骨盤矯正の治療を受けるようにするのが望ましい。

千葉県内には、骨盤矯正を行っている整体院がたくさんあるが、実際に通院する場合には、いくつか注意した方がよい点がある。
まず1つは、なるべく家の近所にある整体院を選ぶようにすることである。生後間もない赤ちゃんを抱えているわけだから、遠くまで通院するのはまず無理である。

また、家に赤ちゃんだけを置き去りにするわけにはいかないから、赤ちゃん連れでも治療を受けられるようになっている整体院を利用するのがベストである。
実際、赤ちゃんを預けられるような知り合いなど近所に一人もいないという人が大半だから、赤ちゃん連れがオーケーとなっているか否かが、思いのほかに重要な問題になってくる。

また、姿勢分析システムが用意されている整体院を利用するようにすれば、治療の効果を目で確認することができるので、安心して治療を受けることができるようになる。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました