トップへ戻る

世界のクリスマス☆(千葉市 整体院)

本日は祝日・天皇誕生日です。
学校などは本日から冬休みのところも多いのではないでしょうか?
また本日は「クリスマスイブイブ」ということで、お出かけされる方も多いでしょう。

皆さんはクリスマスのプランは、もう考えましたか?
ごちそうを食べたり、クリスマスイベントやコンサートに参加したり、大切な方へのプレゼントを用意したり・・・。

日本ではクリスマスは家族と過ごす人が多いそうです。
では世界の国ではクリスマスをどのように過ごすのでしょうか。

◆アメリカ
普段離れて暮らしている家族・親戚が集まり、クリスマスイブの夜には、豪華な食事を囲んで、おしゃべりを楽しむそうです。
料理は主に七面鳥を食べるそう。
プレゼントは、25日の朝までクリスマスツリーの下に置いて、クリスマスになると、家族みんなで一斉にプレゼントを開けます。

◆イギリス
サンタクロースが12月25日にプレゼントを持って来ます。また、クリスマスカードを交換します。日本も年賀状のような習慣ですね。家族で過すのが一般的だそうです。
イギリスの伝統的なクリスマスケーキはクリスマスプディングで、これには13種類の材料が使われていなければならないという迷信があるそうです。

◆フランス
パリのシャンゼリゼ通りにはイルミネーションが灯ります。
フランスでは「クレッシュ」と呼ばれるキリスト生誕の場面などを再現した人形などが飾られるそうです。
フランスのクリスマスケーキ、ブッシュ・ド・ノエルが一般的です。薪の形のケーキですね。日本でもクリスマスケーキで人気がありますね。なぜ、薪の形をしているのか、これについては幾つかの説があるそうですが、その一つに「キリストの誕生を祝い、暖炉で夜通し薪を燃やした」ことに由来するとも言われています。

続く・・・

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました