トップへ戻る

正しい言葉

この前 ニュースで小春日和についてお話をしていました。

小春日和(こはるびより)とは
春の暖かい日を示しているのでしょうか。
それとも、秋の天気の良い日をいうのでしょうか。

と。

私は普通に「春でしょう」と思ってましたが、
小春日和とは 晩秋から初冬にかけて 移動性高気圧に覆われた時などの 
穏やかで暖かい天候のことであるそうです。

小春(こはる)じたいは 陰暦10月のことらしく
現在の太陽暦では11月頃に相当し この頃の陽気が春に似ているため
こう呼ばれるようになったといわれています。

この問題は一般の人は40パーセントの人しか正解しなかったそうです。

小春日和・・・
知らなかったのが一般的に多く少し安心しました ><;

しかし、日本の言葉は難しいというか こういったひねったものが多いですね。

言葉といえば ちょっと話は違うかもしれませんが
この前中国人の友人とお話していた時のこと。

その子は留学で日本に来てそこからずっと5年くらい住んでいるので
日本語は ペラペラ。
口早く話をしたり 専門的用語を使わなければ日本語は通じます。

日常的な会話は普通にしていたのですが
その子が

「ねえねえ、○○ちゃんも一緒に合流したいって。

ここどこにいるっていったらわかるかな?」

と言われ

「ここね、○○だよ。○○来て?って伝えて」

といった時
「それ通じるの?繋げる言葉なくて通じるの?」

と言われた時 え。と思いました。
ここ に 来て。 ここ へ 来て。

確かに繋げなくて 単語で話しているだけです。

確かに。と思いました。
その時 今まで 全く気にせず話ている言葉も
たまには 見直すのもいいなと 思いました。

日本人同士じゃ 気付き合えないことに気がつけて
よかったです。

LINE

ご予約・お問い合わせはこちら

その日の体調・症状・状態を、前回と比較し、細かくカウンセリングすることで、体にあった、オーダーメイド整体を行っております。

症状は、同じに見えても、原因は人それぞれ。

あなたの目的に合わせて、よくなるベストな方法を提供しております。

電話番号

メール

千葉市整体受付つぶやき
千葉市の整体・口コミ 評判の美浜区腰痛骨盤矯正専門
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました