トップへ戻る

千葉 市 整体 院 坐骨神経痛と腰痛の原因と千葉市の整体院について

坐骨神経とは、腰から足にかけて伸びている人体の中で最も長く太い末梢神経のことだ。この坐骨神経が様々な要因により刺激・圧迫されることで太腿やお尻に痛みと痺れといった症状が出てくることを「坐骨神経痛」という腰痛と勘違いする人もいるが、腰痛は長い時間にわたり同じ大勢が続いて筋肉が強張り痛みを感じる。重たい感覚とだるさが背中から腰にかけて全体的に広がる感じがして、腰を曲げたり伸ばしたりが非常に辛くなることがある。
対して、坐骨神経痛は腰と共にお尻や太腿まで痛みや痺れが生じ、足が突っ張る、電気が走るような痛みもしくは感覚が鈍いといった症状だ。痛みも両側だったり片側だけだったりする。寝ていて足を伸ばすと痛くなったり、逆に座っていることが辛いなどの体勢による痛みの変化もある。
ただし坐骨神経痛も腰痛も、どちらも病気ではなく、あくまで症状としての名前だ。坐骨神経痛は症状が酷くなると、麻痺による歩行障害などを起こし生活にも支障をきたしてくるので、原因となる疾患が何であるか早々に調べて、対処が必要となってくる。若い人の場合は腰椎椎間板ヘルニアが多く、高齢になるにつれて腰部脊柱管狭窄を原因として発症することが多くなる。
また腰部脊柱管狭窄と腰椎椎間板ヘルニアともに背骨の腰の部分の異常で坐骨神経が圧迫され、下半身に痛みや痺れを引き起こす。尿管結石、腎臓結石など内臓の問題で坐骨神経痛となることもある。坐骨神経痛を改善する方法としては、なるべく重たいものは持たないようにし、長時間同じ姿勢をとらないことを心掛ける。
激しい運動は避けて安静にしていることが大事だが、腰周辺に筋力をつけ肥満であれば減量することも必要だ。温浴などで幹部を温めれば、一時的に痛みが和らぐこともある。だが原因となる疾患によって改善方法が違うため、例えば改善の為にストレッチを行ったが故に悪化してしまう可能性もある。
病院では原因疾患に関わらず、まず症状緩和の対処療法が主体となる。日常生活の指導から始まって、非ステロイド性消炎鎮痛剤の内服薬や座薬を使用した薬物療法。ホットパックや極超短波を使用した理学治療にブロック注射で治療していく。それでも改善されず麻痺による歩行障害などの他の神経症状を合併する場合には手術が行われる。だが手術しても痛みが引かない場合は、治療法自体が間違っている可能性もある。整体院で別の角度から診察してもらい、施術を受けるのも一つの手だ。幸い千葉市などには評判の整体院が数多く存在する。症状によっては、病院よりも早期改善が望めるだろう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました