トップへ戻る

千葉 市 整体 院 腰痛とは異なる原因の坐骨神経痛なら千葉市の整体院の受診を

腰における痛みといいますと腰痛や坐骨神経痛を思い浮かべる事だと思います前者はそのままの前々ですが後者は坐骨の神経痛と思う方と坐骨神経での痛みと解釈する方の2通りが見られるものですが、正解は坐骨神経の痛みなのです。
では坐骨神経はどこにあるでしょうかと問うと大抵の方は「坐骨」言葉の響きでお尻や腰を連想されるものですが、確かに坐骨自体はお尻の骨を指す事ですが坐骨神経は骨盤から両脚に対して2手に分かれて通じる神経です。症状も足先からふくらはぎ腿の裏をつたって腰部にかけての坐骨神経痛は腰痛と異なる広い範囲に渡って痛みを起こすのです。この坐骨神経痛は無理な姿勢でのスポーツ等を原因に発症する患者様も多いものです。
テニスやゴルフそして、サッカーと一見腰痛と無縁なように思えるスポーツを原因に発症するのも特徴的です。これらのスポーツは無縁と見えて足腰に過大な負担をかけるため原因と到るのです。原因がこの様に一般的な腰痛と異なる坐骨神経痛には適切な施術が適切な対処法及び治療法となります坐骨神経痛と思われる症状にお悩みの方は千葉市の整体院を受診ください。
イメージが解かりにくい方に一例をあげます。例えてテニスですが、リゾート地のゆったりした状況で爽やかに行うイメージが強くケガや痛みとは無縁そうに見えますが、あのテニスコートは結構広いのです。そこを1人または2人で攻守を行うためどうしても無理な姿勢で打ち返したりサーブしたりと過負担に至る要素が多くなるものでテニスに限らず無理な姿勢で重いものを持ち上げようとすれば足腰に負担がかかる事は想像できるでしょう。重いものの持ち上げに限らず例えば無理のある姿勢で物を拾おうとすれば足腰が痛いものです。これが先に紹介したテニスなどのスポーツで坐骨神経痛が起きやすい原因の一つなのです。但しこの坐骨神経痛は病名ではなく症状に対してその名がつけられるため、その治療におきましては原因となる疾患を見つけ出す事が先決事項となります。
一例としましては脊柱狭窄症という疾患が原因となって坐骨神経での痛みの症状が起きるといった具合の状況が起きるようなことが起こるのです。腰部が痛くて腰痛という病名を命名するのではないのです。要は坐骨神経自体が病気の原因というはわけではないのです。別の部位での疾患が坐骨神経での痛みを引き起こすために「坐骨神経痛」という病名をつけていることになるのです。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました