トップへ戻る

女性も男性も不妊の原因に!?淋菌感染症と妊活(不妊症)の関係

1、淋菌感染症とは
淋菌感染症とは、淋菌に感染することで発症する性感染症です。
性行為によって、粘膜や精液、膣分泌液を介して感染します。
また、オーラルセックス(口腔性交)などにより、咽頭へも感染します。
淋菌感染症にかかっている人は同時にクラミジアにも感染していることが多く、同時に感染している人は、約20~30%いるといわれています。
淋菌感染症はクラミジア感染症の次に多い性感染症です。

2.淋菌感染症の症状
①男性の症状
主に尿道に感染し、尿道炎になります。
尿道から膿が出たり、排尿時に激しい痛みを感じるようになります。
痛みが強く出る場合が多いので、検査で早期に発見できることが多いです。

②女性の症状(症状が出ないことも多い・不妊や子宮外妊娠の原因にもなる)
膣から子宮、卵管、骨盤内へと感染していきます。
主な症状はおりものの増加や、不正出血、下腹部痛などがあります。しかし、女性の場合は症状がほとんど出ないため、気づかずに感染が進んでしまうことも多いようです。
感染が骨盤内へと進むと、骨盤内炎症性疾患を起こすことがあります。
重症化すると、不妊症や子宮外妊娠の原因にもなります。

③口腔(口の中)への感染
のどの腫れ、痛みなどの症状がありますが、症状が出ないことが多いようです。

3.不妊への影響
女性が淋菌に感染し、気づかずに卵管まで進行してしまうと卵管炎を起こします。すると卵管の閉塞や癒着を起こしてしまいます。それが、不妊症や子宮外妊娠の原因になることがあります。
男性の場合、淋菌に感染し、重症化すると、精巣上体炎を起こす場合があります。精巣上体炎になると、精子の通り道がふさがったり、精子が作れなくなり、無精子症になることがあります。
無精子症は、精液に精子がふくまれなくなる状態をいい、不妊症の原因になります。
また、妊娠中に淋菌に感染すると、出産時の産道感染によって、赤ちゃんに感染して、結膜炎になってしまう場合があります。新生児結膜炎になると最悪の場合失明してしまうおそれがあります。

4.治療法・・・治療は医師の指示を守ってください
病院で、医師の指導のもと、抗生物質の投与で治療します。
基本は注射薬での投与で、症状に応じて行います。
淋菌は、抗生剤に耐性をもった菌が増えてきたことが問題となっており、治療薬が限られています。
症状がなくなったからと、治療をやめてしまうと、まだ菌が残っている場合があり、その菌が耐性菌に変ってしまいます。
症状がなくなったとしても、医師の指示に従ってしっかり治療し、完治したかどうか検査を受けることも大切です。
また、パートナーも感染している場合もありますので、2人で一緒に検査や治療を受けることも必要です。
早期発見、早期治療が重要ですので、少しでも気になることがあれば、早めに医師に相談や検査を受けましょう。

不妊でお困りなら、BB整体の不妊専用整体コース
不妊整体(妊活整体)について詳しくお聞きになりたい方は

不妊整体
無料メール相談 ←クリックして下さい。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました