トップへ戻る

お雑煮 (すこやかBB腰痛整体)

いよいよ2015年もカウントダウンに入りました。

大晦日の準備、お正月の準備は順調に進んでいますか?

大型スーパーに行くと、買い出しのお客様でレジは長蛇の列になってます。

こういった風景を見ると、しみじみ「今年ももう終わりかぁ・・」と感じます。

今の時代、元旦からの営業は当たり前ですが、

やはり人間の性でしょうか・・・年越しの食材買わなきゃ!!と

あちこち走り回ってしまいます。

お正月の料理の一つ「お雑煮」。

それぞれのご家庭の味や特色があると思います。

また、地域によってもいろいろな特色があります。

☆関東風

 特徴としては、しょうゆベースのすまし汁ですっきりとした味で、

 焼いた角餅を入れます。

☆関西風

 特徴としては、白みそ仕立てで、こちらは丸餅を入れます。

 関東と違い、丸餅は焼かないで煮る特徴があります。

またちょっと関東人としては変わってるなぁ・・と思うお雑煮があります。

島根県では、小豆を煮たお汁粉のようなお雑煮。

福井県は、赤みそを使い、具材はカブを使うそうです。

香川県は、白みそベースで、こちらはあんころ餅を入れます。

長崎県・長野県では、出世魚のブリを使うそうです。

我が家のお雑煮は、ごくごく一般的なお雑煮です。

焼いた角餅を入れ、里芋・人参・小松菜・鶏肉あたりを入れます。

かまぼこが余ってたら入れますし、

いわしのつみれ団子もあれば入れちゃいます。

いわゆる・・・冷蔵庫の残り物がお雑煮の具材になるわけです。

そして大事な汁ですが・・・・

私は面倒臭いので、永○園の松茸のお吸い物で済ませちゃいます(笑)

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました