トップへ戻る

今日は「玉の輿の日」 (すこやかBB腰痛整体)

今日出勤途中の車のラジオで「今日は玉の輿の日だそうで・・・」と

ラジオのDJのお姉さんが言ってました。

リスナーからのお葉書で、

「私は玉の輿には乗れなかったし、お金にも苦労してますが、

 結婚13年目、とても幸せに暮らしてます」という内容のハガキでした。

そうよねぇ・・・

幸せって人それぞれ価値観がちがいますから、

どれを持って「幸せ」というのか。。。。

よそ様の芝生は良く見えるモンです()

でもやはり一度は憧れる「玉の輿」!!

乗れる機会があるなら、一度は乗ってみたいですね。

玉の輿は通常では「女性が金持ちの男性と結婚する」ことです。

しかし近年「逆玉」という言葉を耳にします。

こちらは「男性が金持ちの女性と結婚する」という意味合いで使われます。

こんな言葉を使われるようになったということは、

草食系男子が増加してるという事ですよね。。。。

玉の輿の「玉」は美しいものを指す言葉で、宝石も意味にします。

「輿」は貴人を乗せて運ぶ乗り物の事です。

いわゆる「貴人の乗る美しい立派な輿」を玉の輿と言うようになりました。

徳川綱吉の生母・桂昌院は「お玉」という名で八百屋の娘でした。

そして三代将軍、徳川家光の側室となり、五代将軍となる綱吉を産みます。

綱吉が将軍になり、桂昌院の官位は従一位になり、

これは春日の局を越え、女性として最高の地位を掴みます。

八百屋の娘が将軍の側室になり、そして見事時期将軍となる綱吉を産み、

登りつめたことから、玉の輿の語源はこの桂昌院のことだという説があります。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました