トップへ戻る

長野の日 (千葉市美浜区 すこやかBB腰痛整体)

今日、2月7日は「長野の日」です。

1998年(平成10年)に長野冬季オリンピックが開幕した日で、

日本青年会議所・北陸信越地区長野ブロック協議会が制定し、長野の日となりました。

1998年(平成10年)、今から17年の前の今日、

20世紀最後となる第18回オリンピック冬季大会が、長野市を中心に、

72の国と地域、4638人の選手団・役員を迎え開催されました。

日本で冬季オリンピックが開催されたのは、1972年の札幌に次いで

26年ぶりに開催されました。

今では冬季オリンピックで人気がある、カーリング・スノーボード、

そして女子のアイスホッケーが正式種目になりました。

長野オリンピックの開会式は27日午前11時に始まりました。

善光寺の鐘を合図にスタートし、諏訪地方に伝わる伝統行事・御柱の建御柱、

そして寒い中での日本の国技・大相撲の土俵入りが披露され、

当時の横綱・曙が土俵入りをしました。

そして厳粛なセレモニーから一転、次はシンガーソングライターの森山良子さんと

子供たちがの共演でおとぎ話の世界を披露しました。

そしていよいよ各国の選手団入場です。

ギリシャを先頭にアルファベット順に選手が入場し、

日本選手団は県民歌「信濃の国」に合わせて最後に入場しました。

大会組織委会会長のあいさつ、IOC会長のあいさつが続き、

天皇陛下が開会を宣言しました。

そして、日本女子フィギュアスケートで日本初の銀メダリストの伊藤みどりが聖火の点火をしました。

公式イメージソングは杏里さんの「SHARE 瞳の中のヒーロー」です。

開会式のフィナーレ曲は「WAになっておどろう」です。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました